コラーゲン化粧品を使って肌ケア

あらゆる肌トラブルは乾燥肌から!

コラーゲンと肌の水分量は直結しています。そして肌年齢や肌のコンディションは、水分量が決定しているといってもいいくらいです。「肌=水分」と考えても大げさではありません。したがって肌にいろいろな悩みを抱えている人は、まずは保湿ケア、乾燥ケアから取り組んでみてはいかがでしょうか。
たとえばちょっとしたことでピリピリとした刺激を感じるような敏感肌も、乾燥によって肌表面の角質層が乱れてところどころめくれてしまい、そこから肌に刺激が直接伝わっているのかもしれません。小じわが気になるなら、肌内部の保水機能が衰えて内側から肌を支えるハリが失われているのかもしれません。肌内部からの乾燥ですね。ニキビも実は皮脂分泌過多というよりも、その原因に皮膚の乾燥が考えられるのです。肌の悩みをトータルにケアするなら、まずは乾燥肌ケアがお勧めなのは、このような理由からです。乾燥肌ケアには、やはり乾燥肌専用のスキンケアが良いでしょう。肌の水分量や、乾燥肌化粧品については、以下のサイトで詳細をご覧ください。

教えて!goo-お肌の水分量
水分量をアゲる乾燥肌化粧品

ニキビができたから慌ててニキビ用の洗顔石鹸を使ってゴシゴシと皮脂を取り、ほうれい線ができたからと急いでアンチエイジングのクリームを塗るよりも、まずは腰を据えて乾燥肌化粧品で、じっくり肌の水分量を増やすことを考えた方が、結果的にすべての肌トラブルが改善に向かうはずです。そのくらい肌にとって水は大切で、まさに「命の水」なのです。肌の調子が気になりだしたら、まずは水分について考えてみてくださいね。